2022年10月26日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
よろしくね、ゆーてくけど、あの人おらんと回らんくらい、あの人なんかやっとったっけ? 私がおらんなっても困らんくらいのことしかしとらんちゃう?
ゆーたら
そーだよ
と頷かれたのが今朝
NO IMAGE
人物はどれだけ省略しても人物とわかるから、そのうえでリアルに寄せた背景で臨場感を加えていた様式美を、わざわざ人物をリアルに寄せることで非現実感を上乗せしてしまって、没入感を失わせてしまっているのではないかという仮定。
NO IMAGE
ホラー映画のスクショ眺めてて道具に合わせて情報用意するのが面倒なら、カメラから変えればいいのに、と考えていた。
画作りって情報の取捨選択だから、扱いきれない情報量を絞る方法も考えていいんじゃないかな。
あえて4:3で撮るってのも、それが作品として必要な選択なら、全然ありだ。