犬と王様

(2008.06.19) 覚

もっさん小坊

面とって浮かれた隙に、ぶん投げられたうえ首をかかれかけて、体術を覚える気になった
よーな話。
当然、ひつぎさん流血。
たぶんまだ、もっさん、目を閉じる。

うーん、映像は浮かぶんだけど、描けない…合気道かなんかのビデオ探してくるかぁ


新撰組っぽいやつ

ひつぎさんに集められて、今から決起なところで。

姫さん傷つけてやけっぱちのやさぐれ虎(玉砕する気満々)と
それが心配で実はついてきちゃってる姫さんと
家出中の姫さんとそれが心配でついてきた田舎忍者と
おうちが騒がしくて逃げるように紛れ込んだちび介が
それぞれに点在しつつも一同に介して話を聞いている
女性が家に入る時代に剣を選んでしまった人たちが集うところ

今朝、風呂でうたたねしてる時に浮かんだ妄想


捕縛術

じゅんじゅんで使えそうだと思って思い出したネタ

捕り物の捕縛方法ってアヤシゲな縛り方とほとんど変わらない
技術としてひととおりきちんと習ってそうだと、思ったんだが

そういうのは面白がるけどあんまり好んでやる人ではないような気はする

相手がつきあってくれるとわかったら大喜びで試すだろうなぁ…
探究心旺盛(そこか?


>>2008.06