犬と王様

(2011.11.04) 試練か

ストパンのゲスト参加が確定して以来、PCトラブルに見舞われまくりましたが、表紙原稿描き上げて、本文(申請した4枚中)1枚が完成したら

イラスタが立ち上がるようになっていた←

なんというか

待  て  や  (#´∀`)ノ

全力でツッコミ入れちゃうよ?
ちうレベルの展開…

いや、いいんですけどね…
使えるようになったこと自体は、悪くないんで…
何、ストパン原稿いままで放らくっておいたのがいけないって?
そういうことなん…?

なんにしても、イラスタ動くようになりました…ぇー入れたソフト、動画再生ソフトとFrameWorks4だけよ? FrameWorksだったのかなぁ…

これでなんとか環境が戻りましたので
20日までがんばろうと思いましたですよ


原稿BGVのために、久しぶりに大量レンタルしてきたラインナップ

見た
時かけ
トランスフォーマーリベンジ
もののけ姫
ソ・ラ・ノ・オ・ト 4巻(7話補完)

途中見
ウルトラマン80 1巻


レイトン教授劇場版
デカレンジャー 1巻
セラムンドラマ版 1巻

結局途中からひだまりスケッチX365のフォルダ再生始めちゃったので、レンタルDVDの方が止まったとかね
だって、沙英さんの誕生日だったんですものー
おめちかまで見て、風呂入ってました


トランスフォーマーリベンジは闘うヒロインなのがいいのです
足手まといにならないというか、非常に決断力があって男前
そして冗談がブラック
主人公との信頼感がとても好きです
一緒に死線をくぐった者同士の信頼関係に相変わらず弱いわたくし(笑)
主人公もへたれっぽいくせに決めるときにはちゃんと決めるのも好感が持てます

リベンジはコンボイの見所が少なくてしょぼんですが、戦闘シーンはかなりえげつない方に入ると思ってます
人間の肉弾戦に置き換えてみると、かなりひどいことしてますよ、これは
メカだから気にならないというだけで

このあとにソ・ラ・ノ・オ・トの7話を見ましたが、日本のCGに足りないのは重量感に対する意識だな、とかそういうことも考えました
精霊流しの灯篭は水面をすべらないだろう、重さの分沈むだろう…とか、そういう、ね

闘うお姉ちゃんが好きな人にはおすすめだと勝手に思っているトランスフォーマーシリーズ
3も借りてくる気になりました


ウルトラマン80はまきむらの原点です
矢的隊員みたいなお兄ちゃんがほしかったのですよ
2次創作みたいな遊びを始めた作品というか
作品に描かれない日常の隙間を一所懸命考えて、まんがにしてた小学1年生…なにそれ怖い(笑)
まきむらの萌えの原点がいろいろ入ってることに今ごろ気づきました
すごい影響力があったんですなー

この作品を見たことで、まきむらのジャニーズが終わった自覚もある
自分の好みが17歳のアイドルから22歳の理科教師にシフトした瞬間
7歳のころから年上が大好きだったようです(´ω`)
友だちは初恋がバビル2世と豪語してましたが、おいらの記憶にある初恋は間違いなく矢的猛だと思います えぇ
それくらい好きなんだけど、あんまり覚えてないんですよねー…
ところどころ、あぁ!と思ったりするんだけど
記憶力がないのは昔も今も変わらぬようですよ


もののけ姫のテーマは「共生」だろうなと思いました
姫が全力でアシタカをふってくれてもよかったんですが、ラストにうなずいたことで確信した感じ
茶化していうなら円満な遠距離恋愛ものですね(笑)
それでも、いろいろ詰め込んだ感はありました
恋愛ではない信頼関係、人間の営み、エゴ、そこから発生する干渉、我欲、自然と人間とのあり方
どれを欠いてももののけ姫ではなくなるんですが、そのせいでなんとなく、くらいのくどさがありました
初期作品以外見ていないので、なおさらそう感じるのかもしれません

一言で片付けちゃうなら「宮崎さん、歳とったなー」

これ、エヴァでも思ったんですけどね「庵野さん歳とったなー」
目線は変わるんですよ 当たり前ですが
中学くらいに描いた話を今描けるかっていったらそんなことは絶対ない
昔と同じ作品を求めてはいけないのはわかってます
でも、描きたいことが年寄りくさくなったな、ていうのがわかっちゃうのもつらいです

だいたい40歳くらいまでの感性でずっといてくれないかななんて
そういう贅沢なことを、時々考えます

そして、そうありたいな、と、いつでも思います
ガキなのを正当化したいだけ、って言われても否定はしませんけどね(^_^;)


>>2011.11