🗐 _φ(・_・ ついったを開きたくなったら書くところ

まきむらさん壁打ち専用

2021年3月11日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
ひさしぶりに本読んだ気がするよ…( ;´ω`)
NO IMAGE
ついさっき雑談で聞いたぼやきの答のような本を偶然手にした…
NO IMAGE
15才未満が1500万人くらいしかいないのに、虐待通報件数が10万件越えてるそうで
NO IMAGE
手札が足りない
違和感に気づくためにはもっと知らなきゃダメだ
NO IMAGE
もう交わることがないであろう偶然の積み重ねのうえに今があるんだよな
NO IMAGE
しろばこと聞いて思い出すのは、当時一番やすかったビデオカセットのケースなんだよな…
NO IMAGE
俺は俺のやりたいことで偶然に助けられて今でも楽しく生きてる
生き方が違っちゃったんだな、て考える

2021年3月10日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
もう二度とやらねえと思っていた筈のキャラの顔をちまちま直すお仕事をしていた…
お仕事ってそういうもんよな…
NO IMAGE
落ち着いた年寄りよりも、最期までやんちゃで呆れられてる年寄りになりたかったんだから、まあ、仕方ないよね
自分の考えた自分にしかなれねえのは、ほんとだよ

自転車担いで日本中うろうろしてる人にならなかっただけ、まだ、よし!(いいのか?
NO IMAGE
魔法使いの嫁15
https://amzn.to/2OjtsEf

学園編になってからつくづく思うけど
魔物より人間の方がこええよ…

210310

#コミック #メモ
NO IMAGE
木野さんが描きたい病気
NO IMAGE
自分がどれくらいの速さで何を描けるのかは知ってるんで無理はしないことにしたんです
って話してたら
一年目に身につけなきゃいけないことだから、それがわかるなら大丈夫ですよ
って言ってもらえたので、最初の階段は無事上れた模様
NO IMAGE
んふんふんふ

2021年3月7日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
アニメもまぁ、なんだけど
原作セラムンは基本的に全員アホかわいいだよね…
NO IMAGE
お母ちゃんが相変わらず余計なことしかしてなくて、笑う
#エターナル
NO IMAGE
後編、あまりにも編集が雑すぎて、ほんとずっと変な笑い方してた…
しみじみと、40人使いこなしてるプリキュアすげえってなりました。。。
#エターナル

2021年3月6日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
SHIROBAKOなあ…ストーリー構成の人が全方向に地雷なんだよなあ…

2021年3月4日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
亡くなった義弟、妹の名前の「香」の字が好きで、娘にも同じ字を入れたのだが
この話、「娘にこっそり元カノの名前を付けた」もう一人の義弟と同じ次元だったことにたった今気が付いた

2021年3月2日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
…考察班の考察が考察になってなくてかわいい…
ていう感想をいだきながら見ているのはよくない
NO IMAGE
いやもう、面白い…
NO IMAGE
全部やらせたくても、そりゃ無理よ
権限ないものー
NO IMAGE
なんか知らんが、人手が足らんと言うのはよくわかった
NO IMAGE
今年もカツカツだけど、気持ちはずっと楽しいから、今年の暮れもお礼言いに行く
NO IMAGE
縁切り神社の破壊力が今年もまた話題になってたけど
豊石神社界隈の神様、「楽しく仕事したいです!」てお願いしたら「楽しいだけでええんやな?」て聞いてくれたからすごく優しいんだなってなりました
地域密着
NO IMAGE
そんなんはダメだと言われては来たけれど、たぶん、言ってきただれよりも楽天的に楽しく生きてると思うから、まあええやん、てなってる
自分で自分の首絞めたら、誰が自分を赦してやるのさ

2021年2月27日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
だいたい、自分の直前直後の工程のえらい人とは話ができるようになっとかんとダメ、ていうのが、まきむらさんの仕事論
「こう習ったんですけど、現場としてまだ何か不足があるなら、反映させるので教えてください」
NO IMAGE
ごめん、そーゆーこと詳しくなくて
と言われて
だったら心当たりに聞いて来ませんか、中間管理職
てなったなど

2021年2月26日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
プリンセス・プリンシパル見てきた。
テレビシリーズで物足りなかった部分の補完が始まっていて、ああ、これは完全な振り分けなのだな、と思いながら見てた。
上っ面だけ見てた連中は、劇場に来ない、てことか、と。

今回の目玉は

英国紳士

に尽きる。
ちゃんとスパイ映画っぽいことやってた。
テレビだと気を使わなきゃいけない連中がいるんだろうな、てのと同時に、そのまま地獄まで走り去れという気持ちが湧いた。
劇場版6章使って、オジサマに退場していただくのか、おばあさまが旅立たれるのかはわかりませんが。どちらも無事なまま「次はまたテレビで!」でも問題ない。

個人的には姫様が絞首台にあがるときには、そこにいるのはアンジェなんだろうなという勝手な予感を回収してほしいし、そこを超える大逆転も見たい気もせんではない。
ただ、こうなると、おばあさまが全てお見通しの線はあると思うんだよねええええええ。
そんな1章。

姫さんがシャーロットと呼び続けてるのと、メガネが好きです。

ところで、古本屋界隈のストリートが完全に使い回しだったのは、「あの全てがスパイによる演出だったのだ」という意味なのか、単なる省力化だったのか、どっちなんですかね…

2021年2月24日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
それが彼のお目にかなうことだといいけどね
NO IMAGE
Kalafinaの初武道館ライブの時、千鳥ヶ淵に泊まったんだけど
風呂に入ってまもなく、明らかなメガネの少年の気配があって
「こんなところで見知らぬ他人に怨みをぶつけるよりも、やることがあるんじゃないですか。
 20年後にぼくは何事かを為しているつもりだから、その時に会えたら」
て返したら、気配が消えて、湯気で曇った鏡にyって書いてあって。
ぼくはあの時から、2026年には何かを成し遂げて、育てなきゃいけないんだと考えるようになった。

■どんな場所なの?

ついった開くとだらだらしてしまうので、とにかく自制するために言いたいことがあるならここに書けばええねんでというところを自分で作った。

編集

■全文検索:

■日付検索:

■カレンダー:

2021年3月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

■カテゴリ:

■最近の投稿:

最終更新日時:
2022年06月28日(火) 12時27分19秒