🗐 _φ(・_・ 壁打ちするわよ

まきむらさん壁打ち専用

2023年6月25日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
寝て起きたら今だった
おやすみ
20230625014846-admin.jpeg
#絵日記

2023年6月24日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
暑さにやられ始めてるな、とは思う
20230624122455-admin.jpeg
NO IMAGE
新しいラミーサファリをお迎えしたりとかね
20230624002150-admin.jpeg

2023年6月23日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
軍事面について言えば、日本は古の投資家の言う「靴磨きの少年」で、こんな辺境の島国が、軍事増強とか言い出すならそりゃあなた、もう、世界大戦ですわよといらんこと考えました
NO IMAGE
まきむらさんの語彙に美しいが実用単語としてインストールされたのは、足助のひな壇展示見てたときの、隣にいたオバサンによってだったのだけれど。
人の作ったものについては、実用こそ正義みたいなとこがあって、あらゆるムダを削ぎ落とした危うい潔癖さのような精錬されたものにも美しいという言葉を思いつくことはあるけど(おもに工芸品)、そっち行っちゃったかーとか見て楽しむ道具じゃないでしょーとかなってしまって、余計な感情が混ざってしまって、素直に感動してなかったりする。
どちらかといえば、工場で使いつくされて錆や埃の汚れが残ったまま、整備工場でメンテナンスを待ってる工作機械の方が美しいと感じるし、打ち捨てられた廃屋にも廃屋を取り囲む森の有様にも感じるし、遺跡は発見されたまま埋もれてた方が美しいという単語には向いてると思うている
人工物については「過程がそのままこびりついたもの」に対して強く感じるんだな、ということを改めて考えたりしていた。

人間が自然に感動して必死に自然を現そうとするのは当然の感情だと思いはしても、それが透けて見えてしまう時点で、自然に対する無力感を感じてしまって、そういう論点で評価が高い作品群はあんまり興味がなかったりね。
自然は、人間が適度に手を入れているものがやはり美しいのだけれど、その中で生きていく覚悟がない、ねじ伏せるだけの造形物はやはり面白くはないですね、て、なる。
区画整理された田んぼより、山肌の千枚田の方がそりゃあ美しいでしょうよ、て感じ伝わるかしら。
NO IMAGE
良いか悪いか学問としてどうなのかはさておき
結果論を築くだけの学問てのもあるんだなあと思うたのでした
NO IMAGE
まえに外交史の授業受けた時に、安倍さんがいろいろ処分しちゃったから数年先から日本の外交史という学問が空白になる、みたいなことを教授に言われたんだけども
それ、空白にするのが目的だとしたら、現代の外交史まるごと詭弁だったりするんじゃないんですか…? みたいな気持ちで聞いてたんだけど
ほんと今どうなってんだろね

2023年6月22日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
さいごに書き足したとこひげ生えてもた
サムネイル推奨ですだよ
20230622225226-admin.jpeg
#絵日記

2023年6月21日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
千種の正文堂もショックだったけど
シネマテークが7月いっぱいと発表されていたことに打ちひしがれている
#絵日記
20230621233536-admin.jpeg

2023年6月20日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
新しい手帳サイズのスケブが届いたので
#絵日記
20230620203639-admin.jpeg

2023年6月19日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
そういえば、めっさ厚塗りしたことあったわー
あれ、マット水彩だったからなんだなー
NO IMAGE
ホルベインのは派手に間違えたのだけれど、ホルベイン準拠でサクラマット水彩のパレット作ってた
おまえ、不透明水彩だったんだな、て気持ちの40年ぶりの邂逅?(笑)
20230619224117-admin.jpeg
NO IMAGE
頭痛ひどすぎて、初めて吐いた…痛すぎてなんとか治めたくてあれこれ調べてたら、案外に吐くと楽になることもあるんすね
実際、楽になって、そのままちょっと寝て、目が覚めてからも残る頭痛は筋肉痛の薬で治まったので、待ってもらってた相方に合流して、サンブレイクデビューしてきました(今ごろ

姉上、かっこよすぎんか…かっこよすぎんか…

2023年6月17日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
そろそろ、四十九日か…

じいちゃんが亡くなったときに、四十九日というのは本当に、良くできた仕組みだなと感心した。
ちょうど年末で、とにかく忙しくて。
ついでにほぼ週末で、通夜だのなんだのは土日で終わっていて。
そこから七日に一度、五週間、坊主が読経しにきて、最後の週はわしらが行った。たぶん。

悲しい時やつらい時は、忙しくしておけばよい、と書いたのは、たぶんカーネギー。
人が来るから支度して、とか、出かける支度して、とか、仕事おわらねーとか、なんか慌ただしく日々が過ぎて。
四十九日めなど、むしろ皆、ほっとしていたんじゃないかと思いだしたりする。
七日法要が忙しさを作り出し、人のために何かをすることで気を紛らわし「その人のいない日常」に強制的に慣らされてゆく。
そして法要の終わった開放感は、葬儀の諸々の慌ただしさを、思い出に変えてしまう。

昔から続く風習は、道理に叶っていると感じることも多い。
いつ頃に定着した風習かも知らない法要の諸々は、何も考えられずに打ちひしがることを許さず、喪った人を忘れることを許さず、過去への執着を懐かしさに書き換える、合理的な行いだったのかと感心したことを、また、思い出している。

2023年6月16日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
向かいの屋根の上からこっち見てた鳩と目があったかなと思うたらすっと目線を外されて、こちらを見ることなくウロウロして、見えないところへ行ってしまった奴に
「あ、やべ目があった」
「ちょ、人間ずっとこっちみてる」
「やべーやつだ、無視しよ無視しよ」
「あいつまだ見てる、知らん顔しよ、知らん顔」
みたいな脳内アテレコしてた

2023年6月15日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
まず、長方形かけるようになろうな…
20230615224037-admin.jpeg

これ
https://pin.it/5lbB8Vy

2023年6月12日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

2023年6月9日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
1532
その後も暇だったんですが
イレギュラー仕事で人が足りないとこと縁がつながって明日の仕事にもありつけました
NO IMAGE
いや、本当に、落ち着けわたし

2023年6月3日 この範囲を時系列順で読む この範囲をファイルに出力する

NO IMAGE
あれーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー?
ひとかわ剥けたーーーーーーーーーーーーーー??
NO IMAGE
……………………ふつう……………………………
NO IMAGE
………苺は色補正を覚えた(みたいなコマンドが浮かぶ
NO IMAGE
ダリア先生の私室なのでは(´ω`)
NO IMAGE
ついでに、饅頭こわいは昔話になってるぞ
NO IMAGE
ぜっっっっっっっっっったいアマガエルそんなわかりかたしない
静かに死ぬ
NO IMAGE
いや、美術館もっとラフやぞ?
NO IMAGE
なにそれ連れてけ

■どんな場所なの?

言いたいことがあるならここに書けばええねんでというところを自分で置いた。

編集

■複合検索:

  • 投稿者名:
  • 投稿年月:
  • #タグ:
  • カテゴリ:
  • 出力順序:

■新着画像リスト:

全537個 (総容量 178.16MB)

■日付検索:

■カレンダー:

2023年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

■カテゴリ:

■最近の投稿:

最終更新日時:
2024年3月1日(金) 00時08分06秒〔5時間前〕